一貫したトータル生地メーカー

紡績から染色、織物、加工まで

平成19年7月に穂積にあった紡績工場を大垣工場内に新設移転し、国内では希少な糸から製品製造まで同一敷地内で行う一貫生産工場となりました。
原料投入から製品までの全てを自社で管理しているため、広範囲の製品開発が可能です。また、きめ細かい対応、改良改善をスピーディーに行なうことができます。
各種物性試験も自社で行なうことで、問題点をいち早く発見するとともに、品質の向上と安定化に注力しています。

工場の規模と十分な設備

紡績から仕上げまですべての工程を社内に保有しており、製造する織物のほぼすべてを社内で生産することができます。平成19年に新設した紡績工場は、最新の温調管理を有し、季節を問わず安定した品質の原糸を供給することができます。
トップ染・糸染・反染すべての染色に対応でき、糸染については1kgから660kgまで幅広く生産できる設備を保有しているため、小ロットからの対応も可能です。また、多色に対応可能な革新織機も保有しており、複雑なチェック柄や多原糸使いの織物が対応可能となっています。さらに風合い加工機をはじめ、アドアンゲンの思想を受け継いだセット加工機、羊毛独自の洗縮絨など幅広い風合いに対応できる設備も揃っています。
私たちは羊毛に特化した設備だけでなく、複合素材にも対応可能な設備を有しています。

製造工場を覗く

一貫した製造と豊富な設備からお客様の希望の生地・糸を丁寧にかつ確かな品質で自信を持ってご提供することができます。

  • 01 創業100年余りの蓄積された技術
  • 02 一貫したトータル生地メーカー
  • 03 お客様ニーズに合わせた企画、開発力

上へ

コンテンツ一覧

SANKO TEXTILE CO.,LTD.

Copyright©  SANKO TEXTILE. All right reserved.